English

トップ レポート 講演資料(PDF) 紹介記事 ホワイトリスト ブラックリスト 監視ツール 導入事例 Q&A ブログ リンク 更新履歴 連絡先

ブラックリスト情報

 S25Rスパム対策方式の一般規則で阻止できないスパムの受信を避けるためのブラックリスト情報です。

ダウンロード用ブラックリストファイル
black-list.txt
最終更新:2016/03/21
サーバで定期的にダウンロードされる場合は、ダウンロードの頻度は一日4回までにしてください。日本時刻23:00〜7:00の時間帯に2度ダウンロードするのは無駄と思われます。

使い方
 ダウンロードしたblack-list.txtファイルを/etc/postfixディレクトリの下に置いて、これを/etc/postfix/main.cfファイルで次のように指定してください。

smtpd_client_restrictions =
  permit_mynetworks,
  check_client_access regexp:/etc/postfix/white_list,
  check_client_access regexp:/etc/postfix/black-list.txt,
  check_client_access regexp:/etc/postfix/rejections

 掲載されたホストまたはドメインは、正当なメールを送信しないことが確信されたものではありません。受信拒否応答コードは、一時的受信拒否を意味する「450」としています。拒絶ログソーティングスクリプトを使って受信拒否の記録を監視し、正当なメールと思われる時はローカルのホワイトリスト(/etc/postfix/white_listファイル)で救済することをお勧めします。掲載されたスパム送信ホストは送信を再試行する可能性があるので、グレイリスティングによる自動許可はあまりお勧めしません。

凡例
ポリシー
 スパムを送信したことがあり(そのスパムが受信されてしまったかどうかにかかわらず)、かつ以下のいずれかの条件を満たすホストまたはドメインをブラックリストに掲載します。
 上記の条件に当てはまらないホストであっても、挙動が悪質である(ビジネスは合法でも、広告メールの送信を違法に繰り返しているなど)か、またはドメイン所有者などの情報から疑わしいと判断される場合は、掲載することがあります。

情報募集
 上記のポリシーに当てはまるスパム送信ホストを発見されたか、掲載されたホストが悪質なホストでないことを発見された方は、にお知らせください。
トップ レポート 講演資料(PDF) 紹介記事 ホワイトリスト ブラックリスト 監視ツール 導入事例 Q&A ブログ リンク 更新履歴 連絡先